2013年07月09日

ライフガードは今日も行く!

今日も海辺で調査をする、グレープ。

「暇だな〜。まぁ、こういう仕事は暇な方がいいんだけどね・・・」
13−7−6−1.jpg

「キャアァ〜〜〜〜ッ!助けてぇ〜〜〜〜!」

「・・・と言ってるそばから、絹を裂くような美女の悲鳴!
待っててお嬢さん!今僕が行きますよ!」
13−7−6−2.jpg

「さぁ、僕が来たからにはもう安心ですよ!
このボードに捕まって!」
「あぁ、もうダメ・・・意識が遠のきそう・・・」
13−7−6−3.jpg

「しっかりして!ここまで頑張ったんだよ、あと一息だ!」
「うっ・・・・・・」
13−7−6−4.jpg

「うぅ〜ん・・・あなたが・・・助けてくれたの・・・?」
「気がついた!?よかった!これでもう大丈夫だ!」
13−7−6−5.jpg

「ありがとう、ライフガードさん。あなたは命の恩人だわ!
お願い、何かお礼をさせてちょうだい!」
「お礼なんて、とんでもない。
あなたが助かってくれたことが、僕にとって何よりのご褒美です!」

「うわあぁ〜!足がつったぁ〜!
そこのライフガード、助けてくれぇ〜!」
13−7−6−6.jpg

「でもそうだなぁ・・・強いて挙げれば、お茶でもご馳走になろうかな。
ところでキミは結婚はしているの?」
「いいえ、独身よ。彼氏募集中なの」

「おおぉ〜〜〜〜い!ライフガードオォ〜〜〜〜!」
13−7−6−7.jpg

「おい貴様、あんなに呼んでたのが聞こえないのか!?仕事をしろ、仕事を!」
「はぁ?仕事してますよ?
今、あなたと違って性格のいいお嬢さんを助けたところだし!」

「あっ、これ私の父なの。
家に寄んで家族に会わせる手間が省けちゃったわね〜」
13−7−6−8.jpg

仕事をサボってナンパしていたら、
口説いてた彼女のお父さんに嫌われてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
マウスツーマウスされたら気持ち悪いので、男シムは助けませんw
posted by びすこ at 22:00| アイランドパラダイス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

ライフガードは七難隠す

パラダイス島の観光の目玉は、この美しいビーチ。
遠浅で穏やかな海は、海水浴に最適です。
13−7−5−1.jpg

しかし穏やかだからと言って、油断はできません。
遊泳時間にはライフガードが待機して、ビーチの安全を守ります。

「今日は暇だな〜・・・んっ、あれは・・・?」
13−7−5−2.jpg

「そこの美しいお嬢さん!今日は日差しが強いですよ!
あなたのデリケートなお肌が、日焼けしてしまう!」

そのとき、後ろでは・・・。
「うわぁ〜!あ、足がつったぁ〜!」
13-7-5-3.jpg

「あらありがとう、親切なライフガードさん!
私はハニー・ハマダよ。よろしくね!」
「ハニー?美味しそうな名前だね。僕はグレープ・フルーツ!」

「だ、誰かぁ〜!」
13-7-5-4.jpg

「何かあったりしたら、ご家族に連絡しなきゃならないからね。
ちなみにキミは結婚してるの?」
「ええ、残念ながらね」

「た、助けてくれぇ〜!」
13-7-5-5.jpg

「ガホッ!ウグッ!
くそっ、何やってるんだ、ライフガードは・・・!」
13−7−5−6.jpg

「あら、今誰か叫ばなかった?」
「いや?何も聞こえなかったよ?
今の僕に聞こえるのは、キミの声だけさ」

「あいつか、ライフガードは!」
13−7−5−7.jpg

「おい、このヘッポコライフガード!
お前のせいで俺は溺死しそうになったんだぞ!」
「なんだよあんた?結果的に自力で助かったんじゃないか!」

「あっ、やっぱり。グレープ、誰か溺れてるみたいよ?」
「キャアァ〜!助けてぇ〜!」
13-7-5-8.jpg

「大変だっ!今行きますからね、お譲さん!
必要とあらば、マウスツーマウスで処置を!」

「ライフガードって、いいわね〜。私も救助されてみたいわぁ〜」
「はぁ?ライフガードなら何でもいいのかよ?
じゃあ俺もライフガードに転職しようかな・・・」
13−7−5−9.jpg
posted by びすこ at 22:56| アイランドパラダイス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。