2013年08月28日

女たちの策略

仲良く「ロマンチックなランデブー」を観る、グウェンと未来の嫁・ガブリエル。

「やっぱり結婚式はいいわねぇ〜。
そういえば、あなたたちは結婚式はどうするの?」
13−8−15−1.jpg

「それがおばあ様、聞いて下さい!
グレープったら、私が結婚の話をしようとすると逃げるんですの!」
「昔っからそうだよ、あの子は。
小学生時代に、クラスの女子全員の唇を奪い逃げした子だからね」
13−8−15−2.jpg

「プレッシャーを与えてやったらどうかね?
結婚式場の見学にでも連れてってみたら?」
「そうですね!レストランに行くとか言って、騙して連れてってみますわ!」

「ワン!女どもが、なにか策略を練ってるワン!
ご主人様が危ないワン!」
13−8−15−3.jpg

                              かわいい

そしてリゾート「スパークリング・サンド」にやって来た、グレープとガブリエル。

「ここよ!レストランの点心が美味しいんですって!」
「ふ〜ん。でも点心なら家で作れるじゃない?」
13−8−15−4.jpg

「で、そのレストランはどこ?」
「あら、ここは何かしら?
結婚式場みたいな感じだけど」
13−8−15−5.jpg

「ねぇグレープ、今ちょっと思ったんだけど、ここいいわね。
家にも近いし、友達をみんな呼んで披露宴できるわよ」
「ん〜、そうだねぇ」
13−8−15−6.jpg

「ねぇそれよりさ、暑くない?
あっちの建物の中に入ろうよ」

この男、また逃げるつもりね?でもそうはいかないんだから!
ガブリエルは、今日ここでハッキリ決着をつけてやろうと心に決めた・・・。
13−8−15−7.jpg
posted by びすこ at 21:47| Comment(0) | アイランドパラダイス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

八方塞り!

「パパ、これでグレープがおばあ様と暮らす優しい青年だってわかったでしょ?」
「そうだなぁ・・・」

ボソボソ・・・。
(ほらごらん、グレープ!おばぁちゃんと同居しといてよかっただろ?)
(でも僕、彼女のお父さんに会うつもりなんてなかったしなぁ・・・)

「ワン!忠実な番犬もおりますワン!」
13−8−1−1.jpg

「それで君は、娘とのことを真面目に考えておるのかね?」
「え?はぁ、それはもう・・・」

「・・・・・・・・・・・!」
ガタッ。
13−8−1−2.jpg

「うむ・・・まぁ、祖母と同居なら乱れた生活はしてなさそうだな」
「あっ、その辺はご心配なく。僕は品行方正だけが取り柄ですから」

ヒュン! 

13−8−1−3.jpg

「ん?なんだお前その恰好は?」
「マタニティなの〜。うふっ、私赤ちゃんができたみたい!」

「うわっ、ヤバ・・・!」
13−8−1−4.jpg

「もちろん、父親はグレープよ」
「オイ!貴様、どこへ行く!?」

「えっ、あの、ちょっとトイレに・・・」
13−8−1−5.jpg

「この野郎!うちの娘にこんなことをしておいて、逃げる気か!?」
「ちょ!ま、待って下さいよ!
トイレから戻ったらにしようと思ってたんですよ・・・!」
13−8−1−6.jpg

「ふぅ・・・じゃあえ〜と、ガブリエル・・・。
僕と結婚、して下さい・・・」
「えー!きゃー!わー!どうしよう〜!」

「うむ、よし・・・!」
13−8−1−7.jpg

「ねっパパ、言ったでしょ!
私グレープと二人で幸せになるって!」
「そうだな。これでお前も家を出て行ってくれるんだな」

「お皿片づけますよ〜。もう食べないでしょ〜?」
「グレープ、お前ホントにじぃさんそっくりになってきたねぇ・・・」
13−8−1−8.jpg
posted by びすこ at 22:14| Comment(2) | アイランドパラダイス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。