2013年09月08日

女は強し

「んん〜、ライフガードさぁん・・・。
もっと強く息を吹き込んでぇ〜」
「ん・・・キミ、溺れた人にしては情熱的すぎるよ・・・」
13−8−18−1.jpg

「どうだった、僕のマウストゥマウス講座初級編は?」
「良かったわぁ〜。
じゃあ次は上級編をお願いしようかしら?」

「さすがね、ライフガードさん。
私にも『妻にボコボコにされた夫の蘇生術』を教えて下さらない?」
13−8−18−2.jpg

「あっ、私用事を思い出したわ!じゃあさよなら!」
「えっ、あっ、ちょっと待ってよ!
ねぇ僕たち今、真面目に人工呼吸の練習してたんだよね!?」

「私は『妻』の役をやるから、あなたは『夫』の役をやってね。
じゃあ、いくわよ?」
13−8−18−3.jpg

「なによ!身重の『妻』がいるっていうのに、余所の女とあんなことを!」
「ちょ!誤解だよ落ち着いて!
僕は職業の一環として、人工呼吸を世間に広める義務があって・・・」
13−8−18−4.jpg

「・・・ウッ!急に陣痛が・・・!」
「ほら、興奮するからだよ!どうしよう!?
えーと、まずは落ち着いて、息を吸って、吐いて・・・」
13−8−18−5.jpg

「いいわ、病院に行くから」
「えっ!キミ、歩いても大丈夫なの!?
待ってよ、ここにお医者さんを呼んだ方が・・・」
13−8−18−6.jpg

「・・・キミ、冷静だね。
僕もうドキドキしちゃって、気が遠くなりそうなんだけど」
「あなたには頼っちゃいられないってことがわかったもの。
病院に着くまでナビくらいできるでしょ?」
13−8−18−7.jpg

                               かわいい

そしてガブリエルは、病院で無事女の子を出産。パーシモンと名付けました。
そろそろ名前もネタ切れですねあせあせ(飛び散る汗)

「子供も産まれたし、今度こそ絶対結婚してやるんだから・・・!」
彼女のそんな決意も知らず、のんきに子供をあやすグレープであった・・・。
13−8−18−8.jpg
posted by びすこ at 00:07| Comment(2) | アイランドパラダイス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

ライフガードの義務

「やぁガブリエル、お前も来てたのか!
元気でやってるかね?」
「あら、パパ!今日は仕事お休み?」

「あっ、ガブリエルのお父さん・・・僕、苦手なんだよな」
13−8−16−1.jpg

「見てよこのお腹!もうすぐ産まれるのよ」
「順調そうだな。元気な男の子を産んでくれよ!」

「ふぅ。今日はもう疲れちゃったわ〜」
「んっ・・・?」
13−8−16−2.jpg

「こんにちは、ステキな水着のお譲さん!
疲れてるときは、無理して泳がないで下さいね!」
「あら!もしかして、あなたライフガードなの?ステキ!」

「えっ、なんで男の子なのよ?」
「だって、パパは初孫とキャッチボールをするのが夢だったんだからな!」
13−8−16−3.jpg

「この辺の海ってサメが出るじゃない?
だから、万が一のために備えて、泳ぎを練習してるのよ」
「あ〜、沖合のダイビングスポットは、危ないからね」

「でも私、なんとなく女の子のような気がするのよねぇ」
「なにっ、そうなのか?」
13−8−16−4.jpg

「まぁそんなときのために、僕たちライフガードがいるんだけどね」
「そうね。でもあなた、ちゃんと訓練はしているの?」

「なんでも、リンゴを食べると男の子ができるって言うぞ?」
「リンゴなんて、そんなに食べてないわよ」
13−8−16−5.jpg

「ねぇ、良かったら私で練習してみる?
人工・コ・キュ・ウ黒ハート
「うん・・・たまには練習も必要だよね・・・?」

「まぁ、元気で産まれてくれるなら、男でも女でもいいんだがな」
「何よ、テキトーねぇ男って!」
13−8−16−6.jpg

「うふ〜ん、早く助けてぇ、ライフガードさぁん」
「大変だ!これはマウストゥマウスするしかないな!
あと、衣服を取って楽にさせないと!」

「・・・・・・男って・・・・・・」
13−8−16−7.jpg
posted by びすこ at 22:21| Comment(0) | アイランドパラダイス編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。