2010年03月09日

ワールドアドベンチャーズ・中国編 3

「どっどうしよう〜!こんなつもりじゃなかったのよ!
ちょっと脅かすだけのつもりだったのに!」
「ん・・・?なんだ?なんだか熱いぞ・・・?」
10−3−2.jpg

騒ぎを聞きつけて、他の部屋の探検家たちも集まって来ました。
「わぁ!一体どうしてこんなところから火が!?」
「おい、これどうしたんだよ、ジャミー!」
「私知らない!私のせいじゃないのよぉ!」
「とっとにかく消さないと〜!」
10−3−2−2.jpg

しまいには、ギュスターブさんの部屋は
パニックの探検家たちで満員に。

「ちょっと!これだけ探検家がいて、
勇敢気質の人は一人もいないんですかっ!?」
「お、俺は倹約家だし!」
「私はベジタリアンだしぃ〜!」
10−3−2−3.jpg

ブシュウゥゥッ!
「ったく!倹約家とかベジタリアンとか、
探検には何の役にも立たないのよ!」
ただ一人いた勇敢気質の女・フォルトゥーナさんが
率先し消火をしてくれました。助かった〜。
10−3−2−4.jpg

勇敢なフォルトゥーナさんのおかげで、ほどなく鎮火。
「あなたたち、だらしないですねっ!何ですのその格好はっ!」

「あ、あら・・・私ったら慌ててこんな格好で来ちゃって・・・」
「お、俺も、いつも寝るときはパンツいっちょだから・・・」
「あ〜ヤレヤレ、ビックリした。部屋に戻るかぁ」
10−3−2−5.jpg

「しかし、何でこの部屋から火が出たのかしら?
見たところ火の気はなさそうだけど・・・?」

「あらっ、火事のせいで汚れてるわ。
私の部屋じゃないけど、掃除しておいてあげましょ」
みんながいなくなったところで、証拠隠滅を謀るジャミー。
10−3−2−6.jpg

「そう言えばあの人、最初からいたわね。
そして最後まで残ってるし、怪しいわ・・・」
「なぁジャミー、お前いつもそんなに気が利いたっけ?」
「もちろんよ!私はいつだって綺麗好きじゃない、ネギヒコ。
めったなこと言わないでちょうだいよ?」
10−3−2−7.jpg
posted by びすこ at 23:32| Comment(0) | ワールドアドベンチャーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

ワールドアドベンチャーズ・中国編 2

夜・・・。
昼間絡まれた探険家、ギュスターブさんの部屋に
忍び込んできたジャミー。
「ふん、よく寝てるわね・・・」
10−3−1.jpg

「むにゃ・・・札束・・・発見・・・」
「しかも一攫千金の夢を見てるみたいね。
真剣な探検家の割には、動機が不純よね」
10−3−1−2.jpg

「むにゃ・・・中国は・・・星空がきれいだ・・・」
「フフッ、今、星じゃないけど火花を見せてあげるわよ・・・」
昼間買ってきたドラゴン花火に、火をつけるジャミー。
10−3−1−3.jpg

「それっ!火がついたわよ!せいぜい慌てふためくがいいわ!」

ジャミーの想像↓
『パンパンパン!』
『うわぁ!なんだなんだ!何が起こったんだ!?』
寝ぼけて枕を抱え、慌てるギュスターブさん。
『オホホホホ!いいザマよ、真剣な探検家さん!』
10−3−1−4.jpg

シュウウゥゥ・・・!
「わくわく・・・フフッ、どんなみっともない慌て方をするかしら?」
10−3−1−5.jpg

パンパンパンパンパン!
ボワッ!!
10−3−1−6.jpg

「あ、あら・・・?私が想像していたのとはちょっと違うわ・・・?」

「おい!何だ今の音は!?」
「なんか煙臭いぞ!何かあったのか!?」
「火事か!?おいみんな起きろー!!」
「大変だ!火事だ!火事だぞおぉ〜〜〜〜!!」
10−3−1−7.jpg
posted by びすこ at 21:10| Comment(2) | ワールドアドベンチャーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。