2010年09月11日

放浪編・プロローグ 1

新婚ホヤホヤのフルーツ家。
今日はシャーリーは仕事、グレープは休みです。
趣味の発明に没頭するグレープ。

「僕って、発明の才能があるよなぁ。
いっそのこと警察辞めて、発明の仕事で食べて行こうかな?」
10−9−11.jpg

「んっ・・・?殺気を感じるな・・・」
10−9−11−2.jpg

「あれはグウェン!うちの庭で一体何をしてるんだろう?」
10−9−11−3.jpg

「グウェン、ここで何してるのさ?
今シャーリーは留守なんだから、面倒起こさないでよね?」
「何よ、いきなり失礼ね。ちょっと遊びに来ただけじゃないの。
家に入れてくれないの?」
10−9−11−4.jpg

警戒して、ちょっと離れて座るグレープ。

「まぁ、僕も今回は式を挙げてケジメをつけたわけだしさ。
キミにも、きっとすぐにいい人が見つかると思うよ。
そういう人って、案外キミのすぐ近くにいるんじゃない?」
10−9−11−5.jpg

「グレープ、何でそんなに離れて座ってるの?
意識しちゃって、ちょっと不自然じゃない?」
「・・・言われてみればそうだよな。別にやましいことはないんだし
意識し過ぎって言うのも逆に怪しいよね」
10−9−11−6.jpg

・・・そして、コロッとグウェンの罠にハマったグレープ。

「ホントに、すぐ近くにいい人がいたわね!」
「え!い、いや、僕そう言う意味で言ったんじゃないよ!
ねぇ、そんなに近くに寄ったら・・・あっ、キミ何かつけてる?
すごくいい匂いがするね・・・」
10−9−11−7.jpg
posted by びすこ at 22:49| Comment(0) | フルーツ家・放浪編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。