2010年03月26日

最低男の登場

ここリバービューに今日越して来たばかりの青年。
その名はグレープ・フルーツ。
爽やかな笑顔の下には、新しく越して来たこの地で
恋愛よりどりみどりな生活を送ろうと言う、
どす黒い野望が隠されています。
10−3−26.jpg

まずは街の中心地で女性に声をかけまくり、
大勢の女性とお近づきなりました。
「キミは可愛いけど、子供だなぁ・・・。
ねぇ、キミの隣にいるお母さん紹介してくれない?」
「えっ、お母さんですか?どうして・・・?」
10−3−26−2.jpg

シムズ2でお馴染みの、ドン・ロサーリオを発見。
「こんにちは。キミはこの辺では見かけない顔だね?」
「やぁ、初めまして!今日越して来たグレープです。
あなたとは、なんだかいろんな意味で
ライバルになりそうな気がするな・・・」
10−3−26−3.jpg

ご近所の挨拶周りも、奥さんがいる家は念入りに。
「今日公園であなたを見かけて、綺麗な人だなぁって思って・・・」
「うふっ、今主人は会社に行ってるのよ。
何か作るから、ちょっと寄って行かない?」
10−3−26−4.jpg

どうやらあまりリッチな家ではないらしく、
家も狭く調理器具も電子レンジだけ。
それでもかいがいしく何か作ってくれる奥さん。
「家庭的な人だなぁ・・・」
10−3−26−5.jpg

「奥さん、僕あなたみたいな人が・・・」
「ちょ、ちょっと待って!私たち会ったばかりだし、
そういうのってまだ早いんじゃないかしら?」
10−3−26−6.jpg

「うぅ、ごめんなさい・・・。
そうですよね、僕みたいな子供なんか・・・」
「そ、そう言う訳じゃないのよ!
そうね、じゃあ今度二人で外で会いましょうか?」

拒否はされたものの、すかさず人妻にボディタッチ。
転んでもただでは起きない、最低男であった・・・。
10−3−26−7.jpg


「恋愛よりどりみどり」はネギヒコでやろうと思っていたのですが
失敗してしまったので、
このグレープ君で再トライ揺れるハートしてみようと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。