2013年03月28日

期待にはじける大学生活

スーツケース片手に、続々と寮に集まってくる新入生たち。

「ふ〜、やっと着いたわ〜。
ここね、マラン・ホールは!」
13−3−23−1.jpg

「いよいよ私の大学生活が始まるのね・・・。
ここで私は猛勉強して、将来は世界的に有名な五つ星シェフになるの!」
13−3−23−2.jpg

一方、寮の中では・・・。

「あっ、あれはパフェ!やっと着いたんだな!」
13−3−23−3.jpg

「パフェ、お疲れ様!
ワゴン車でここまで来るのは大変だったろ?」
「あっ、ハッサク。待っててくれたの?」
13−3−23−4.jpg

「なかなか来ないから、心配したよ。
入学取りやめにしたのかと思っちゃったよ」
「お父さんがワゴン車をいつまでも追いかけて来て、大変だったのよ。
うちのお父さん、すごい心配性なの・・・」
13−3−23−5.jpg

「そうそう、さっそく部屋に行って一息つきたいところだろうけどさ。
パフェの部屋、まだ前に住んでた学生の荷物が残ってるんだよ。
今引き上げてるみたいだから、終わるまで俺の部屋で待ってなよ」

「そうなの?じゃあお邪魔しようかしら」
13−3−23−6.jpg

「ここが俺の部屋なんだけど、今散らかっててさ。
すぐ片づけるから、ちょっと待ってて」
「お構いなく。散らかってても平気よ」
13−3−23−7.jpg

「いや・・・ベッドメーキングしとかないと、ここでリラックスできないもんな」

何かよからぬことを計画しているのか、いそいそと部屋を片付けるハッサク。
パフェの父の言葉通り、世間は危険がいっぱいなのであった・・・。
13−3−23−8.jpg
posted by びすこ at 23:10| ユニバーシティライフ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

ユニバーシティライフの始まり

こちらはパフェと、その父ゼンザイ・デザート。
今日はパフェが大学に出発する日です。

「まだお前のバースデーケーキを食べ終わってもいないのに、
行ってしまうんだな・・・」
「うん。あと一時間くらいで迎えの車が来るよ」
13−3−22−1.jpg

「いいか、外食ばかりしてないで、ちゃんと自炊もするんだぞ?
偏食すると体を壊すからな!」
「わかってるわよ、もう・・・。
兄さんたちも一緒の寮なんだから、三人で外食してたら破産しちゃうわよ」
13−3−22−2.jpg

「お前は素直すぎるからなぁ。
何かあったら、ジェリーとムースに言うんだぞ?」
「私もう大学生なんだから、兄さんたちに守って貰わなくても大丈夫よ」
13−3−22−3.jpg

「うう・・・お前が悪い男に騙されないか、お父さん心配だよ。
世間はこの街と違って危険がいっぱいなんだから、気を付けるんだぞ?」
「お父さん、心配し過ぎだってば。
学生街なんて、ここよりずっと安全よ」
13−3−22−4.jpg

「だって、あっちにはハッサク君もいるんだろ?」
「あっ・・・それだったのね、お父さんが心配してたのは。
まぁ、その辺に関してはノーコメントだわ」
13−3−22−5.jpg

「学生結婚なんて、お父さん許さんからな〜!」

「やだ・・・お父さん、どこまでついて来る気かしら?
運転手さん、もっと飛ばして下さい!」
13−3−22−8.jpg

・・・そしてやって来たのは学生寮、マラン・ホール。
ここではハッサクやパフェの二人の兄・ジェリーとムースが
上級生として一足先に暮らしています。

「ここで私の大学生活が始まるのね!
まずは兄さんたちやハッサクに挨拶しなきゃ!」
13−3−22−7.jpg
posted by びすこ at 23:00| ユニバーシティライフ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。