2012年05月24日

青春時代へ! 3


ドドドドド・・・

「あったわ、ハッサクの家!
懐かしいわね〜・・・って、あれは?」
12−5−21−1.jpg

「私じゃない!
あんな所で、真昼間から堂々と何やってるのよ!?」
12−5−21−2.jpg

「んん?あたし何もつけてないよ?
もしかして、それってフェロモンってやつなんじゃない?」
「んん・・・フェロモンがこんなにフルーティーな匂いのわけねーだろ」
12−5−21−4.jpg

「あ〜シャンプーかも。昨日新しいのに替えたんだ・・・」
「ふ〜ん、女の子ってオシャレなんだな・・・」

「うぅ・・・何をチャラチャラしてるのよ私ったら!
女はシャンプーじゃなくて、炊き立てご飯のにおいさせなきゃダメでしょ!」
12−5−21−3.jpg

「きゃ!見らてた!?」
「ヤベ!近所のおばさんかよ!?」

「ここはガツンとやって、更生させるしかないわね」
12−5−21−5.jpg

「あんたって子は!恥ずかしいわね!
女は身持ちが固く家庭的でなきゃダメでしょ!将来男に本命にして貰えないわよ!」
「はぁ?急に何?」

「誰だろ、このおばさん?バービーに似てるような・・・?」
12−5−21−6.jpg

「このまま行くと、あんたはチャラいマジシャン男の未亡人になるのよ!」
「ってかおばさん誰?」

「もしかしてバービーのお母さんかな?
ヤッベ〜、母親を見るとその子の将来の姿がわかるって言うしな。
明日のパーティーは誰か他の子を誘おうっと・・・」

・・・こうして現代のバービーは、昔の自分にちょっかいを出し
自分の運命を変えてしまうのであった・・・。
12−5−21−7.jpg


体調不良のため、しばらくお休みさせていただきます<(_ _)>
posted by びすこ at 22:15| Comment(8) | ショータイム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

青春時代へ! 2

こちらは、バイトから帰宅途中の高校生ハッサク。
Hidden Springsは、スターライトショアとは打って変わって
山や湖など自然に囲まれた郊外の街という感じですね。

「は〜、坂道で自転車はキツイな〜。
早くバイト代貯めて、バイク買いてーな〜」
12-5-20-1.jpg

「あれ?うちの前にバービーがいるぞ。
あの髪は、遠くから見てもすぐ誰だかわかるよなぁ」
12−5−20−2.jpg

「よぉ、バービー!どうしたんだよ?」
「あっハッサク、お帰り!待ってたんだぁ」
12-5-20-3.jpg

「さっき学校で会ったばかりじゃん。何か用?」
「ちょっと話があって来たの。
ねぇ、あそこハッサクの部屋でしょ?せっかく来たんだから入れてよ」
12-5-20-4.jpg

「あぁ?ダメだよ、今家に誰もいねーんだよ。
女の子入れたのなんかバレたら、後で妹に『やっだぁ〜このピー男ぉ』とか
信じらんなぁ〜いこのピーー男ぉ』とか言われるに決まってんだろ!」

「それ妹さんの声マネ?気持ち悪いよ・・・」
12-5-20-5.jpg

「それよりさぁ、明日卒業パーティーがあるでしょ。
一緒に行かない?」
「あーいいよ。俺、まだ誰とも約束してないし」
12−5−20−6.jpg

「それで、終わった後ハッサクの部屋に行ってもいい・・・?」
「ん・・・だからダメだって言ってんだろ・・・。
なぁ、お前何かつけてんの?すげーいい匂いするなぁ。
移り香で妹にバレそうだよ・・・」
12−5−20−7.jpg
posted by びすこ at 20:49| Comment(8) | ショータイム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。