2012年02月29日

愛の配達人

フルーツ家に郵便を配達に来た、郵便配達人・ピッパ・ローズ。

「この家って、いつもゴミ箱が倒れてて気になるのよね〜。
あそこにちっちゃい犬がいるけど、庭に入っても大丈夫よね?」
12−3−1.jpg

しかしこの犬、ちっちゃくても気の強さは名前をくれた人譲り。
「ワンワンワン!」
「あ、こらシャーリー!よその人に吠えちゃダメだって!」

「きゃ!別に何も取ろうなんてしてないわよ!
ゴミ箱直そうとしただけよ!」
12−2−29−2.jpg

「配達員さん、待って!悪気はないんです!」
「ワンワンワン!
たとえゴミでも、ウチの物に手を触れるのは許さないワン!」

「助けてぇ〜!私、犬苦手なのぉ〜!」
12−2−29−3.jpg

「ゴメンなさい!うちのバカ犬攻撃的だから、すぐ吠えるんだ。
走って疲れたでしょ?うちで何か飲んで行くといいよ」
「そうね・・・大人になってこんなに走ったのは初めてってほど走ったわ」

「ウウゥ〜。バカ犬って、失礼だワン!」
12−2−29−4.jpg

「実はずっと前からキミのこと、キレイな人だなぁって思ってたんだ。
こうしてキミと友達になれたんだし、
きっかけを作ってくれたバカ犬に感謝しなきゃね」

「あら、じゃあ早く声をかけて下されば良かったのに」
12−2−29−5.jpg

「まぁ僕は円満な結婚生活を送ってるから、
友達以上になるつもりは無いけどさ」

「そう?私は恋愛は自由だと思うわよ?」
12−2−29−6.jpg

「グレープったら、郵便配達の人なんか家に上げてるんだから。
お仕事の邪魔しちゃったら悪いじゃないの・・・」

ブラッシングして貰ったりニンジン欲しがったりして、なんとか時間を稼ぐのだ。
今は奥様を家に入れてはいけない・・・
と、ユニコーンの野生の勘は警告した・・・。
12−2−29−7.jpg

                         かわいい

フルーツ家のゴミ箱は、しょっちゅうアライグマや
向かいのパロットさんに倒されているのですが、よくピッパが直してくれてます。
いい人だ〜。
12−2−29−8.jpg
posted by びすこ at 22:57| ぺット編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

蜘蛛女との決別

「キミさぁ、もっと子供や犬の世話した方がいいんじゃない?」
「あぁ、食事が不味くなるから、お説教ならやめてちょうだい。
私、自分のことで手一杯なんだから、そんな余裕無いの」
12−2−20.jpg

「ねぇ、やっぱり僕たち普通の友達に戻ろうよ。
キミは僕にはちょっと、その・・・奔放過ぎるよ」
「失礼ね!それじゃまるで私があばずれみたいじゃないの!」
12−2−20−2.jpg

「何よ、つまらない人ね!あなたの子供なんて欲しくないわよ!」
「えっ?それは僕のセリフだよ!
僕はもっと母性的な人が好きなんだからね!」
12−2−20−3.jpg

ドタバタ!
「キィ〜ッ、悔しい!私だって、もっと男らしい人がいいわよ!」
「やるか!?キミなんて、女だと思わないからな!」
12−2−20−4.jpg

ドサッ!
「ふん、弱い男!口ほどにもないわね!」
「クッ・・・!」
12−2−20−5.jpg

「いっててぇ〜〜〜〜っ・・・!」
「イモジェン様をなめるんじゃないわよ!
私を敵に回して芸能界で生き残ったヤツはいないんだからね!」
12−2−20−6.jpg

「まだ話は終わってないわよ!
礼儀ってものを教えてあげるから、そこへ正座しなさいよ!」
「ちょ、ちょっと待って!なんか変な臭いがしない・・・?」
12−2−20−7.jpg




なんだかすごい修羅場になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
突然のことでカメラワークがオタオタしてますが、臨場感をお楽しみ下さい(笑)
posted by びすこ at 21:35| ぺット編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。