2011年04月19日

THE SIMS MEDIEVALをやってみました

ここはシブヤーク王国(渋谷のように発展することを願ってw)。
先の王が亡くなり、その娘イルマ(入間は埼玉ですが)が
女王となったのであった・・・。
medieval1.jpg

「イルマ様、私は先の王には実の息子のように
良くしていただきました。
その御恩に報いるべく、あなた様にも忠誠を誓います」
「あぁ、顔を上げてちょうだい・・・」
medieval2.jpg

「女王だなんて、私には荷が重いわ。
私は普通の娘のように、何の責任も無く
遊んで暮らしたいの・・・」
medieval3.jpg

「でも『普通の娘のように』って言っても、限度があるわよね。
一応女王なんだから、自分で食事作るのって変だと思うの。
ねぇ、そうでしょ?」
「はっ・・・そ、そうですね・・・」

ちなみにこの人は、相談役みたいな感じらしいです。
medieval4.jpg

「じゃあ、そのスープをよこしなさいよ!
第一、なに勝手にお城で自炊してるのよ?」
「でも・・・私もお腹すいてるんですけど・・・」
medieval5.jpg

相談役の食事を横取りするイルマ。
その横で恨めしそうにじっと見ている、相談役・・・。
「うん、美味しいわ。私って、お料理なんてしたことないから・・・」
medieval6.jpg

村を散歩しては荒くれ者に決闘を申込み、
夜道を歩いては追いはぎと闘い、負け知らずのイルマ。
medieval7.jpg

「この穴には、見るからに何かいそうね!
冒険者の血が騒ぐわー!」
medieval8.jpg

自分の力を過信し、あえなくモンスターに返り討ちに遭うイルマ。
「た、助けてぇ〜!」
medieval9.jpg

主人公、アッサリ死亡・・・。
「おぉ!イルマ様がなんということ・・・!」
「この国は、どうなっちまうのかねぇ?」
medieval10.jpg

一方こちらは、普段から城に出入りし、
女性の部下や使用人に片っ端からちょっかいを出し、
最終的には女王に取り入って逆玉を狙うスパイ・フルーツ一世。

「ねぇ、ちょっとお手合わせ願えない?
あっ、剣じゃなくてさ、あっちの寝室で・・・」
medieval11.jpg


ずっと待ってたTHE SIMS MEDIEVALが届きました。
今のところ、機械的にクエストをこなすだけなんですが・・・。
「○○に行って××をしろ」と画面に表示されてるから、
考えることはあまりありません。
英文は、そんなに難しくはないと思います。
大学入試問題よりは簡単かな・・・?

私が一番困るのは、カメラがあまり自由に動かせないことです。
2、4コマ目あたりを見ていただけるとわかると思いますが、
これ以上下に持って行けなかったり、逆方向に回せなかったり。
無意識にタブキーを押してしまったことが数回(笑)

ちょっとやったら気が済んじゃったので(笑)
とりあえず、次回からまたSIMS3に戻ります。
posted by びすこ at 22:56| Comment(6) | THE SIMS MEDIEVAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。