2011年02月27日

少年セレブの秘密

彼女と図書館デートするグレープ。

「キャロル、その本なに?」
「ドラマ『大泥棒シミー』のノベライズよ。
弟が好きだから、借りてってあげようと思って。
・・・ねぇ、この女優さん、グレープのお姉さんに似てない?」
11−2−25.jpg

「そんな本借りても、弟さん喜ばないよ。
それよりさぁ。せっかく『ガリ勉』のムードがついてるんだから、
僕についてもっと勉強してみない・・・?」
「うふっ、やだぁ。勉強って何をよ?」
11−2−25−2.jpg

数日後、フルーツ家。

「はい、フルーツですが・・・あぁ、ブロンソン。
・・・話があるって?明日学校でじゃダメ?
・・・もうそこまで来てるって・・・?」
11−2−25−3.jpg

「やぁ!二人揃ってどうしちゃったのさ?
うち、もうすぐお姉ちゃんが帰って来ちゃうからさぁ・・・」

「あっ、オレお前のねーちゃん見てみたいわ」
「とりあえず、部屋に入れてくれよ」
11−2−25−4.jpg

「このパンケーキ、うめーな。ねーちゃんが作ったの?」
「うん、まぁね・・・。
お姉ちゃんのことなんて、どうでもいいじゃん?」
「そう言えば、お前の姉ちゃんもシミーに似てんの?」
11−2−25−5.jpg

「またその話?僕、知らないよ!
あんな食い意地が張ってて、
趣味が『エアパッキンをプチプチ潰すこと』なシミーなんてさ!」

「お前、シミーにメチャメチャ詳しいじゃん・・・」
「てか、そんなこと話しに来たんじゃないんだけどな・・・」
11−2−25−7.jpg

「リルが、今日発売の『週刊シム』の『現代若者恋愛事情』に、
お前とキャロルがいちゃついてる写真が出てたって言うんだよ」
「まさかお前、抜け駆けしてダンジョ交際なんてしてないよな?」

・・・あぁ、そっちか。なんか余計なこと喋っちゃったな。
童T男同士の付き合いも、結構気を使うのであった・・・。
11−2−25−6.jpg
posted by びすこ at 00:06| Comment(0) | フルーツ家・青春編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

迫真の演技?

「ふはははは・・・!これはいただいて行くわ!」

「あー、その後『悪いこと大好き!大泥棒シミー!』
ってやるんだよね?
あのポーズ、恥ずかしいからやめてくれないかなぁ?」
11−2−20.jpg

「あれ?やらないの?
実は自分でも、あれはイタイと思ってるとか?」

「なんかワケわかんないこと言ってる子がいるけど、
放っておいてトンズラするわ!」
11−2−20−2.jpg

「お姉ちゃん、どこかに行くの?
そんな恰好じゃ、ホントの泥棒と間違われて騒ぎになるよ?」
「何よこの子、ウザいわね!
・・・チッ、こんなときに限って、誰かエレベーター使ってるし!」

チーン!
11−2−20−3.jpg

エレベーターから降りて来たのは、お巡りさんでした。

ドタバタ!
「今日と言う今日は逃がさんぞ、この盗っ人め!」
「ぐあっ!何するのよ!離せ!」

「あっお巡りさん、それ泥棒じゃありません!うちの姉です!」
11−2−20−4.jpg

「ふん、捕まえたぞ!手間取らせやがって!」
「クッ!アタシとしたことが、ぬかったわ・・・!」

「お巡りさん!悪人面で挙動不審で最近小ジワが目立って
お腹が出てて頭が悪くても、それは僕の大事な姉なんです!」
11−2−20−5.jpg

「あーあ、お姉ちゃん、連れて行かれちゃったよ。
僕も警察行くべきかな?でも眠いし、明日でいいかなぁ?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
11−2−20−6.jpg

「ちょっと何よあんた!黙って聞いていれば、失礼なことを!
あたしは警察に通報して、ずっとトイレに隠れてたのよ!」
「あれっ、お姉ちゃん!?えーと、じゃあ今のは本当の泥棒?
・・・まぁ、怪我がなくて良かったよね?」
11−2−20−7.jpg
posted by びすこ at 22:13| Comment(2) | フルーツ家・青春編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。